PCの知りたい・聞きたいをまとめたブログ

知らないと危険!?パソコンデータの消去の仕方

2020/12/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おだゆきえ
元ITブラック企業でシステムエンジニア兼プログラマー歴20年 Windows一筋でしたが、今年Macbookを購入し、Macデビュー Macに戸惑いながら、私と一緒にMacを使いこなしていきましょう♪ パソコン苦手からパソコンで楽しく効率よく仕事ができるようにお役立ち情報をお届けします
詳しいプロフィールはこちら

古くなったパソコンや買い替えで不要になったパソコンなど、どうしてますか?

譲る、売る、捨てるなど処分方法はいろいろですが、共通して気をつけたいのが、「パソコンのデータを消去」する方法です。

パソコンを仕事で使っている場合はもちろん、機密情報が入っています。
個人で使っている場合でも、ネットショッピングをしたことがあればカード情報、銀行口座の情報、それ以外にも写真など、あなたの個人情報が入っています。

これをそのままにして、譲ったり売ったり捨てたりするのは情報漏洩というとても危険なことになります。

今回は、パソコンを譲る、売る、捨てるその前に必ずやっておいてほしい、『パソコンのデータの消去』についてまとめました。

 

今回の記事は次のような方のお役に立てます
  • パソコンを買い替えた人
  • 古いパソコンを処分したい人
  • パソコンのデータの消去の仕方がわからない人

 

 

 

 

なぜ、パソコンのデータを消去する必要があるのか

なぜ、パソコンを譲る、売る、捨てる前に、データの消去をする必要があるのでしょうか。

理由はただ一つ。

人に見られたくないデータ、知られてはいけないデータが残っているから。

パソコンが自分以外の誰かの手に渡ってしまったら、「あのデータは見ないで (>_<)」と言っても遅いのです。

なので、パソコンが自分以外の第三者の手に渡る前に、データを消しておく必要があります。

 

見られたくない、知られたくないデータとは

パソコンを使っていると、実は意識していなくてもあなたの個人情報が保存されているのです。

  • 通販などのネットショップで買い物した場合、クレジットカード情報や住所・氏名など
  • 暗証番号などを記録したメモ帳
  • 有料で購入したアプリのシリアル番号などの登録情報
  • これまで見たネットの閲覧情報
  • サイトを閲覧するときのユーザIDやパスワードなどの登録情報
  • ネットサービスや会員登録などのアカウントのパスワード情報
  • 自分や家族・恋人の写真
  • 家計簿の情報
  • はがき作成ソフト(年賀状など)の住所録
  • メールのアドレス帳や電話番号・住所・氏名

これは個人でパソコンを使っている場合の例です。

仕事でパソコンを使っていたら、さらに

  • お客様の情報
  • 外部に漏らしてはいけない機密情報
  • メールのやりとり
  • 顧客リスト
  • 売上情報

などが含まれてきます。

どれも重要で、第三者に知られてはいけない情報ばかりではないでしょうか。

 

大切なデータが知られてしまったら?

もし、万一、この大切なデータが誰かに知られてしまったらどうなるでしょう。

  • あなたの銀行口座の情報やクレジットカードの情報が洩れる、最悪の場合、悪用される
  • 写真や動画が流出する、最悪の場合、ネット上に拡散される
  • お客様の個人情報が洩れる
  • 機密情報が洩れる

 

おだゆきえ
おだゆきえ
ちょっと想像するだけでコワいですよね。。。

そうならないためにも、パソコンのデータを消去する必要があります。

 

 

パソコンのデータを消去する方法

あなたの大切なデータの詰まったパソコン。
譲る、売る、捨てる場合に、必ずデータの消去をしてくださいね。

パソコンのデータを消去する方法を4つご紹介します。

  1. ハードディスクを破壊
  2. ソフトウエアで消去
  3. 初期状態に戻す
  4. 業者にお願いする

 

それぞれ説明しますね。

 

ハードディスクを破壊

ハードディスクを物理的にぶっ壊します。

ぶっ壊すとは、ハンマーや釘などで壊して、読めなくします。

実はこの方法が一番有効だったりもします。

おだゆきえ
おだゆきえ
私が以前勤めていた会社では
総務部の方が、社内の廃棄パソコンのハードディスクを取り出して
ハンマーで壊していました

 

ソフトウエアで消去

パソコンのデータを消去するソフトウエアを使います。

消去するといっても、実際には、乱数といって解析できないようなデータで上書きします。

ソフトウエアによっては、いろいろなパターンで何回も上書きを繰り返します。

米国国家安全保障局や米国国防総省などは、データ消去のための標準方式を定めていて、その形式で書き込むことで、元のパソコンのデータを復旧できなくします。

おススメのソフトウエアを一つご紹介しますね (^-^)b

 

DESTROY

DESTROY」というデータ消去ソフトウエアがあります。
米国国防総省や米国国家安全保障局基準のデータ抹消ソフトです。
無料のソフトウエアです。
個人で使用する場合のみ無料です。企業や団体で使用する場合は有料になります。

おだゆきえ
おだゆきえ
私もこのソフト、使ったことあります
何回も!

 

初期状態に戻す

よく言われる、パソコンを「出荷状態に戻す」という方法です。
つまり、パソコンを購入したときの状態ですね。

パソコンメーカーによって

  • Windows10などのOSを再度インストールする方法
  • パソコンのメニューから実行する方法
  • パソコンメーカーのホームページからツールをダウンロードして実行する方法

など異なりますので、お使いのパソコンのメーカーのサイトで調べてくださいね。

 

実は完璧じゃない!?

パソコンを初期状態に戻しても、実は、完全にデータを消去できているというワケではありません。
専用のソフトウエアを使えば、消去したデータを元に戻すことができてしまいます。
テレビドラマなどで時々、「パソコンのデータを復旧せよ」みたいなシーンがありますが、それです。

 

業者にお願いする

自分でやるのが面倒くさい、自分ではできないという方は、パソコンの廃棄業者やパソコンの買い取り業者さんへお願いする方法があります。

直接持ち込んだり、引き取りに来てもらったり、送ったりできますので、業者さんに確認が必要です。

安心、信頼できる業者さんへ依頼しましょう!

 

業者さんが起動したときに、個人情報が丸見え

業者さんが作業するときパソコンを起動したら、ワタシの個人情報が丸見えに!というのが気になる方は、初期化してから依頼する・・・というのもありですね。

 

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

パソコンを新しく買い換えたら、必ず出てくる「古いパソコンを処分する」、つまり、譲ったり、売ったり、捨てたりするときに注意してほしい【パソコンのデータの消去】についてまとめました。

パソコンのデータを消去する方法はいくつかあります。

  • ハードディスクを破壊
  • ソフトウエアで消去
  • 初期状態に戻す
  • 業者にお願いする

 

ハードディスクを破壊

ハードディスクを破壊するのが一番確実ですが、譲ったり売ったりできなくなるので、捨てる場合のみ有効です。

ソフトウエアで消去

データ消去用のソフトウエアを使ってデータを消去する方法も有効です。

初期状態に戻す

パソコンを初期状態に戻す方法が、一番やりやすい方法です。
譲ったり売ったりする場合は、この初期状態に戻す方法がよいでしょう。

業者にお願いする

あなたの手を煩わすことなく、パソコンのデータを消去するのは、専門の業者さんへ依頼する方法です。

 

このように、パソコンのデータを消去する方法はいくつかあります。
ご自身でやりやすい方法を選んでくださいね。

決して、「ゴミ箱」に移動して「ゴミ箱を空にする」でOKと思わないようにご注意ください。
そして、パソコンは粗大ごみとして捨てることができないので、ご注意くださいませ。

お役に立てたらうれしいです♡

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
おだゆきえ
元ITブラック企業でシステムエンジニア兼プログラマー歴20年 Windows一筋でしたが、今年Macbookを購入し、Macデビュー Macに戸惑いながら、私と一緒にMacを使いこなしていきましょう♪ パソコン苦手からパソコンで楽しく効率よく仕事ができるようにお役立ち情報をお届けします
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Copyright© パソコンをモット楽しむ PC fun , 2020 All Rights Reserved.