PCの知りたい・聞きたいをまとめたブログ

8割同じ!MacとWindowsのショートカットキーを比較

 
この記事を書いている人 - WRITER -
おだゆきえ
元ITブラック企業でシステムエンジニア兼プログラマー歴20年 Windows一筋でしたが、今年Macbookを購入し、Macデビュー Macに戸惑いながら、私と一緒にMacを使いこなしていきましょう♪ パソコン苦手からパソコンで楽しく効率よく仕事ができるようにお役立ち情報をお届けします
詳しいプロフィールはこちら

Windowsを25年以上使い続けた私が、Macを使い始めたときに「ショートカットキー覚えられるかなぁ」という不安がありました。

これは漠然とした不安なので、実際に、MacとWindowsのショートカットキーはどれだけ違うのか?ということを比べてみなければわからないと思い、比較してみました。

結論から言うと、私がよく使うショートカットキーについては8割が同じでした。

今回は、よく使うショートカットキーについて、MacとWindowsの比較を一覧にしてご紹介します。

 

今回の記事は次のような方のお役に立てます
  • Windowsを使っていてMacに苦手意識を持っている人
  • Windowsが使い慣れていてMacを使い始めた人
  • 文字入力作業が多い人
  • キーボード入力を早くしたい人

 

 

 

ショートカットキーとは

ショートカットキーとは、マウス操作の代わりにキーボードの操作だけでパソコンの操作をすることです。
マウスに持ち替えたり、キーボードに操作を戻したりする手間が省け、パソコンの操作が早くなって効率が上がります。

 

たとえば、

  • 切り取りは【Commandキー】を押しながら【X】を押す
  • コピーは【Commandキー】を押しながら【C】を押す
  • 貼り付けは【Commandキー】を押しながら【V】を押す

などのキーボードの操作のことです。

 

 

よく使うショートカットキーを比較

システムエンジニアとプログラマーを20年やっていた私が、本当によく使っているショートカットキーについて、MacとWindowsとを一覧にしました。

 

MacとWindowsのショートカットキー比較

 

操作 Mac Windows
 1  コピー  Command+C  Ctrl+C
 2  貼り付け  Command+V  Ctrl+V
 3  切り取り  Command+X  Ctrl+X
 4  全選択  Command+A  Ctrl+A
 5  やり直し  Command+Z  Ctrl+Z
 6  元に戻す  Shift+Command+Z  Ctrl+Y
 7  太字  Command+B  Ctrl+B
 8  アプリケーション切替え  Command+Tab  Alt+Tab
 9  バックスペースキー  BackSpasce  BackSpasce
 10  一文字削除
(デリートキー)
 Fn+BackSpace  Delete

 

基本的に、Macの【Commandキー】がWindowsでは【Ctrlキー】に置き換わっているだけです。

Macの場合

Commandキーはここです。

Windowsの場合

Ctrlキーはここです。

 

一覧にあるように、違いは

  • やり直し
  • アプリケーション切替え
  • 一文字削除

の3つです。

 

やり直し

まずは、「やり直すと元に戻すって何?」ということを何度か聞かれたことがあるので、説明しますね。

元に戻す

元に戻すは、一つ前の状態に戻すことです

やり直し

やり直しは、一つ先の状態に戻すことです

 

たとえば、「パソコンを[Enter]モット[Enter]楽しむ」と入力した場合、
Macでは[Command]+[Z]、Windowsでは[Ctr]+[Z]を押すと、「パソコンをモット」となります。
「楽しむ」を入力する前の状態に戻ります。

この「パソコンをモット」の状態で、Macでは[Shift]+[Command]+[Z]、Windowsでは[Ctrl]+[Y]を押すと、「パソコンをモット楽しむ」というように「楽しむ」が入力された状態、つまり、元に戻す前の状態に戻ります。

やり直しのショートカットキーは、【Commandキー】【Ctrlキー】とに置き換わっているわけではなく、完全に違うので、戸惑うかもしれません。

 

Macの場合

[Shift]+[Command]+[Z]はここです。

Windowsの場合

[Ctrl]+[Y]はここです。

 

アプリケーションの切替え

アプリケーションの切替えは、何個かアプリケーションを起動していて、今使っているアプリケーションから別のアプリケーションへ表示を切り替えるときに使います。

たとえば、インターネットをしてGoogle ChromeやSafariなどのWebブラウザを開いていて、Excelを開いていて、Wordを開いていて、メモ帳アプリを開いていて、インターネットからExcelへ操作を切り替えたいときに、マウスでExcelを一番前に画面表示させると思いますが、これをキーボードの操作だけでできるのです。

それが、アプリケーションの切替えのショートカットキーで、Macの場合は[Command]+[Tab]、Windowsの場合は[Alt]+[Tab]になります。
【Commandキー】【Altキー】が異なりますが、【Tab】は同じです。

 

Macの場合

[Command]+[Tab]はここです。

Windowsの場合

[Alt]+[Tab]はここです。

 

おだゆきえ
おだゆきえ
【Commandキー】【Altキー】のちがいだけですね
覚えやすいと思います

 

一文字削除

MacとWindowsとのショートカットキーでいちばんの違いと言ってもいいのが、「一文字削除」です。

Windowsには、【Deleteキー】があります。【Deleteキー】で、カーソルの右側の文字を一文字削除できます。

Macには、【Deleteキー】相当のものがありません。

どうするのかというと、[Fn]+[BackSpace]です。

 

Macの場合

[Fn]+[BackSpace]はここです。

Windowsの場合

[Delete]はここです。

 

おだゆきえ
おだゆきえ
[Deleteキー]を使い慣れているWindowsユーザーにとって、
これは非常にわかりにくいので、
意識的に使わないと慣れていかないですね

 

 

まとめ

私は、Macを使い始めて数日経ったとき、「Macでショートカットキーをゼロから覚え直さないとならないよぉー (T_T)」と、漠然と思っていたのですが、比べてみるとほぼ変わらないということがわかって、ほっとしました (*^-^*)

すべては『思い込み』だったんですよね(私の場合)。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

今回は、MacとWindowsのショートカットキーを比較してみました。

MacとWindowsのショートカットキーは、2割くらいの違いはありますが、基本的に、「【Commandキー】【Ctrlキー】とに置き換わっているというだけで、使うキーは同じです。

苦手意識は捨てて、WindowsユーザーもMacを楽しく、MacユーザーもWindowsを楽しく、両方をそれぞれ使えるといいなと思います。

 

ショートカットキーを使うと、Macの操作も、Windowsの操作も格段に操作スピードが上がります。

お役に立てたらうれしいです♡

 

 

(Visited 240 times, 1 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
おだゆきえ
元ITブラック企業でシステムエンジニア兼プログラマー歴20年 Windows一筋でしたが、今年Macbookを購入し、Macデビュー Macに戸惑いながら、私と一緒にMacを使いこなしていきましょう♪ パソコン苦手からパソコンで楽しく効率よく仕事ができるようにお役立ち情報をお届けします
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Copyright© パソコンをモット楽しむ PC fun , 2020 All Rights Reserved.